So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「読売新聞に抗議したい」 荒井戦略相(産経新聞)

 荒井聡(さとし)国家戦略担当相は9日夕、首相官邸で記者団に対し、自らの事務所費疑惑について、「収入支出について齟齬(そご)がなく、適正に管理されている」と改めて否定した上で、「(疑惑を最初に報じた)『読売新聞に抗議したい』ということを(民主)党本部に申し込んでいる」と述べた。

 荒井氏は、「新生民主党に多くのみなさんが期待しているときに誤解を招き、ご心配をおかけしたことは残念だ」とも述べた。

【関連記事・事務所費疑惑】
国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず 
「問題なかった」 事務所実態については答えず
「辞任に値する」 自民・石破政調会長
荒井国家戦略相に「事務所費問題」 本人説明せず…民主慌てて疑惑否定
荒井氏の事務所費問題 仙谷氏「問題はない」

保険金3600万詐取=死亡装い、朝日生命から―容疑で2人再逮捕・警視庁(時事通信)
野口宇宙飛行士 水のありがたさを実感 帰還後初の会見で(毎日新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
都城の牛3頭は陽性、208頭殺処分 日本有数の畜産地域に“飛び火”(産経新聞)
スカイライン1万8000台リコール=日産(時事通信)

特別交付税補てんに前向き=口蹄疫で自治体支援―鳩山首相(時事通信)

 熊本県の蒲島郁夫知事は27日の全国知事会議で、鳩山由紀夫首相に対し、宮崎県で被害が広がっている口蹄(こうてい)疫対策で、自治体などが自主的に行っている畜産農家向け経営支援などの経費について、特別交付税を含む財政措置で補てんするよう求めた。これに対し、首相は「しっかりと対応することを、国の責務として行っていきたい」と前向きに応じた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
鳩山首相、訓練受け入れ要請=鹿児島・伊藤氏「島民は反対」

相乗り3衛星、電波確認できず=大学が開発、H2Aで打ち上げ(時事通信)
全日空機が緊急着陸=警告表示で右側エンジン停止―成田(時事通信)
「処分の牛、鳴き声つらい」宮崎県が心のケア(読売新聞)
誰が直したの?…こち亀「麗子」像、真っすぐに(読売新聞)
空港の指紋認証すり抜け…韓国人ホステスらの驚愕の裏技(産経新聞)

<事業仕分け>対象法人さまざま 準備万端・あきらめも (毎日新聞)

 公益法人などの事業に無駄がないかを探るため、20日午前から始まった事業仕分け第2弾の後半戦。公開の場で役人らを畳み掛けるように追及する手法が特徴の仕分けも、昨年11月と今年4月に続いて3回目となった。対象70法人の中には、批判を受けた経験がある団体も多いが、どんな準備で「仕分け本番」を迎えたのか。

 ■宝くじ協会

 宝くじの売り上げが天下り団体に流れる構図が批判されている日本宝くじ協会。注目度は高く、19日もメディアからの取材要請が相次いだ。

 別の関連法人の理事も兼ねる河野正一事務局長は「他の法人と違い、宝くじ協会に国費は入っていない」と強調した。ただ、仕分け人の事前視察もあって「覚悟はできていた」といい、「丁寧に説明し直すだけ」と話した。

 ■労災防止協会

 「公金を使うのに、(政策の)効果が分かりませんというのはあってはならない」

 今月10日、厚生労働省で開かれた独自仕分け。長妻昭厚労相は、労災防止事業を展開する「中央労働災害防止協会」の沢田陽太郎理事長の説明に強い不満を示した。事業の財政効果を「計測不可能」としていた沢田理事長は「おわび申し上げる」と陳謝した。

 沢田理事長は天下り役員や補助金削減も表明したが、外部から招かれた省内仕分け人が突きつけた評決は「不十分」。担当者は「反省点を生かした改革案を示したい」と教訓を生かす構えだ。

 ■建設弘済会

 国土交通省の8地方整備局に対応して展開する全国八つの建設弘済会・建設協会。道路やダムの事業費の積算資料を作る「発注者支援」や巡回点検といった「公物管理」などの業務を独占し、国交省OBが天下る構図が批判されている。

 国交省幹部は「公物管理は行政知識も必要だから民間参入が進まない面もある。キャリアの天下りは理事長など一部なのだが、イメージが悪いから厳しく仕分けられるのだろう」とあきらめ顔。関東建設弘済会の担当者は「コメントは差し控えたい」と言葉少なだった。【長谷川豊、石原聖、小山由宇】

西・東日本は大雨警戒を=低気圧、日本海へ―気象庁(時事通信)
「初動に遅れ」自民が農相不信任決議案提出へ(読売新聞)
遺伝子組み換えナタネ、伊勢湾周辺に自生・交雑(読売新聞)
<離婚式>結婚指輪をハンマーでたたきつぶし “最後の共同作業”が盛況(毎日新聞)
<酒気帯び事故>落ちたナンバープレートから…64歳容疑者を逮捕(毎日新聞)

B型肝炎訴訟 長妻厚労相 「議論尽くされていない論点多い」(産経新聞)

 これまで札幌、福岡両地裁の和解勧告について問われると、一貫して「14日に国の方針を明らかにする」と言い続けてきた長妻昭厚生労働相。和解協議入り表明の一報は、衆院厚生労働委員会で答弁を行っている最中のことだった。いったん退席して連絡を受けた職員が、数枚のメモを持って厚労省幹部に配布。メモを受け取った長妻厚労相は、一読すると表情を変えずにメモを胸ポケットにしまった。

 同じころ、厚労省では、事前に用意された長妻厚労相の談話を発表した。談話では「国としては、広く国民の理解と協力が得られる解決策を探るため、今般、本件訴訟について、裁判所の仲介の下での和解協議の席に着くこととした」と、和解協議入りの理由を説明。一方で「和解対象者の範囲やその確認方法、和解金額等、いまだ議論が尽くされていない論点も多く、裁判所において、これらの諸事情についても十分にご理解をいただいた上、適切な検討を進めていただくよう、希望する」と、今後、協議の中で和解条件などを詰めていく方針を示した。

【関連記事】
B型肝炎訴訟で閣僚会合 救済範囲など検討
B型肝炎訴訟 国が和解受け入れへ調整
「患者に罪ない。和解を」B型肝炎訴訟で福井、名古屋でも訴え
裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示
「和解による解決を」B型肝炎訴訟原告団らが首相に請願書
少子化を止めろ!

淀川女性遺体 養父母宅に睡眠薬 被害者から検出と同成分(毎日新聞)
「マネとモダン・パリ」展10万人突破(読売新聞)
「さすがQちゃん!」 出馬要請拒否に絶賛の声(J-CASTニュース)
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣(時事通信)
「寂しさ紛らわせるため飼った」 メジロ捕獲した2人書類送検(産経新聞)

<GW>成田で帰国ラッシュ ピークは5日、5万人の予定(毎日新聞)

 ゴールデンウイーク(GW)を海外で過ごした旅行客の帰国ラッシュが4日、成田国際空港で始まった。到着ロビーは大きなスーツケースを抱えた家族連れや若者らであふれた。この日だけで約4万4500人が帰国。ピークとみられる5日は、約5万100人が到着する予定。

 友人とハワイを旅行した東京都調布市の会社員(42)は「今年は長めの連休でゆっくりできた。海がきれいで癒やされた」。仲間4人で中東を旅行した埼玉県蕨市の会社員(30)は「世界遺産を巡ったり死海に浮いたり、最高の旅だった」と笑顔だった。【斎川瞳】

【関連ニュース】
GW:渋滞何とかして…「1000円適用」思いさまざま
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
GW:成田空港、出国ラッシュがピーク…4万6200人
JR各社:GWの予約 高速値下げで3年連続前年を下回る
GW:連続平均5.4日 今年は少し短め

サイバー攻撃への対応強化=政府(時事通信)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
<御殿場女性遺体>元夫の暴力、2月に児相に相談(毎日新聞)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)

「夢への階段」と歌手志望少女にわいせつ容疑 芸能プロ社長を逮捕(産経新聞)

 神奈川県警は20日、児童福祉法違反の疑いで、東京都港区六本木の芸能プロダクション「ゴールデン・スター・プロモーション GooD−Staff」社長の同所、勝俣弘容疑者(44)を逮捕した。県警によると、「事実は間違いない」と容疑を認めているという。

 県警の調べによると、勝俣容疑者は平成20年6月から21年4月にかけ、東京都新宿区内のホテルで、同プロダクションに所属する歌手志望の横浜市の少女(18)に4回にわたって、みだらな行為をした疑いが持たれている。少女が今年2月に県警の相談窓口に電話し、発覚した。勝俣容疑者は少女に「夢に向かうための階段がある」などと話し、みだらな行為をしていたという。

 県警によると、勝俣容疑者は少女と平成19年夏ごろに知り合い、「和田アキ子のマネジャーをやっていた」などとうそをついていたという。

【関連記事】
現場に財布落として発覚 強制わいせつ容疑の男逮捕 桶川
駄菓子屋でナンパした女子中学生にわいせつ行為 容疑の男逮捕
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕
16歳少女に援助交際させる 容疑の元交際相手ら逮捕
やってるぅ!?ジミー大西、美女との不倫激写された!
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

山崎さん、地球帰還延期 日本文化多く発信 随所に女性らしさ(産経新聞)
韓国の日本料理店で密輸鯨肉販売か 米研究チームが遺伝子解析(産経新聞)
首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も(産経新聞)
Kiss−FM前社長「エフエム東京主導の株主総会は無効」(産経新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)

1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛(産経新聞)

【ふるさと便り】

 愛媛県宇和島市遊子の漁港で15日、シマアジの出荷作業をしていた宇都宮淳一さん(32)らが、近くを泳いでいたソデイカを捕獲した。

 全長1.1メートル、重さ16.3キロ。この日午前8時ごろ、宇都宮さんらが作業していた養殖用のいけすの網に突っ込んできたのを、たもでいけすの網との間に挟み、4人がかりでいかだに引き揚げたという。

 肉厚でおいしいとされるソデイカ。県水産研究センターの研究員、橋田大輔さん(27)は「市場ではほとんど見かけない。めずらしいですね」と話していた。

 イカは18日に遊子水荷浦の段畑で開かれる「ふる里だんだん祭り」で披露され、いけすで泳ぐ姿を来場者に楽しんでもらう予定という。

【関連記事】
スルメ何人分? 全長3・4メートルの巨大イカ、新潟に漂着
バレンタインのハート形イカ、ホシエイがパクリ 都内でイベント
5億円で名古屋港水族館にシャチを譲渡 和歌山・くじらの博物館
巨大クラゲ太平洋側にも シラス漁など直撃
神秘的、波間の青い光に歓声 富山ホタルイカ漁が最盛期

保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
コンテナ回収作業でトラブル 山崎さん帰還延期も (産経新聞)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理−男女参画会議(時事通信)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続−環境省(時事通信)
「手当より仕事」自民、参院選で公約案(読売新聞)

<殺人未遂容疑>女性切り付けた27歳女逮捕 東京・公園で(毎日新聞)

 12日午後9時ごろ、東京都文京区大塚4の区立大塚公園を歩いていた同区の女性(35)が、背後から女に刃物で切り付けられた。近くにいた男性が女を取り押さえ、駆けつけた警視庁大塚署員に引き渡した。女性は救急搬送されたが、命に別条はないという。

 大塚署によると、殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたのは自称、大田区鵜の木1、無職、児玉恵子容疑者(27)。「人に裏切られて誰でもいいから傷つけたいと思った。むしゃくしゃしていた」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、同日午後9時ごろ、果物ナイフ(刃渡り9.5センチ)で女性のほおや背中などに切り付けたとしている。【内橋寿明】

【関連ニュース】
長崎警官重軽傷:容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配
殺人未遂:警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保
長官狙撃事件:警視庁が捜査検証 半年めどに報告書
突き落とし:男性重傷 容疑の60歳逮捕 東京・大手町駅
長官狙撃事件:時効で容疑者不詳のまま不起訴 東京地検

極彩色、創建時の鳳凰堂内部をCGで再現(読売新聞)
<歯科医師>自民離れ 党員4分の1に 埼玉の政治団体(毎日新聞)
タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)
平等院鳳凰堂 CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)

<強盗>ビデオ販売店で14万円奪い男逃走 大阪(毎日新聞)

 10日午前2時55分ごろ、大阪市西成区花園北1のビデオ販売店「イレブン西成店」に男が押し入り、カウンターにいたアルバイトの男性(32)に刃物のようなものを突き付け、釣り銭用の現金計約14万円を奪って、逃走した。同店では今年2月24日にも約6万円が奪われる強盗事件があり、大阪府警西成署は男の特徴などから同一犯の可能性が高いとみて捜査している。

 同署によると、男はレジの現金を受け取ると「金庫もあるやろ」と脅し、レジのそばにある手提げ金庫内の現金も奪った。アルバイトは当時、午前3時の閉店に向け準備中。店内に客1人がいたが、いずれもけがはなかった。男は身長約180センチで30〜40歳、黒っぽい上着と手袋に灰色ニット帽、サングラスを着けていた。2月の事件と、男の特徴や閉店間際に押し入る犯行時間などが共通しているという。【安藤龍朗】

【関連ニュース】
中国:日本人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で6日に続き
強盗:私がやりました…刑務所から自供の手紙
事後強盗:容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野
公務執行妨害:パトカーに軽ワゴン車衝突、黒人少年逮捕
強盗:新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州

0円携帯に苦情…頭金だけタダ・解約で高額請求(読売新聞)
幻の「舛添副総裁」…打診しようにも連絡つかず(読売新聞)
街角景気「持ち直し」=基調判断を上方修正(時事通信)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
皇后さま 小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)

神戸市で資材盗難相次ぐ 今度は水道局の水道管25トン盗まれる(産経新聞)

 神戸市は7日、同市垂水区の垂水漁港南港の資材置き場に保管していた使用済みの鋳鉄製水道管約25トン(約45万円相当)が盗まれたと発表、兵庫県警垂水署に被害届を出した。同署が窃盗事件として調べている。

 盗まれたのは長さ5メートル(直径20センチ)と長さ6メートル(直径30センチ)の水道管約100本。昨年8月から老朽化した水道管の取り換え工事を行っており、取り除いた水道管を売却する予定で資材置き場に置いていたが、工事を請け負っていた業者が倒産したため処分できずにいたという。

 資材置き場はフェンスで囲まれており、中に入るには警備員が日中常駐している漁港入り口のゲートを通って、南京錠で施錠している門扉を開ける必要があるが、南京錠に壊された形跡はなかった。職員が最後に確認した2月25日から3月29日の間に盗まれた可能性が高いという。

 市内では6日にもポートライナーを運営する神戸新交通で銅線463本の盗難が発覚したばかり。市は「近接した区で続いており、困惑している」としている。

【関連記事】
63歳女ストーカー、元カレの職場に居座る 警告も効果なし
前兵庫知事「関空と神戸、合体を」 3空港で独自の提言
銅線2.3トン盗難、売却直前で放置 神戸新交通
車両基地から銅線2300キロ盗難 神戸新交通が被害届
中3女子生徒を大麻所持容疑で逮捕 神戸市
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<訃報>西山静さん85歳=元東京商工リサーチ社長(毎日新聞)
<宅八郎氏>不起訴処分に…神戸区検(毎日新聞)
燃えた車に3人の遺体=ダム沿いの市道、事件の可能性も−富山(時事通信)
平野長官と沖縄知事会談、普天間政府案を伝達(読売新聞)
<雑記帳>慶大SFCが設立20周年の記念式典(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。